剣日記

メインにヴァイスシュヴァルツとヴァンガード、サブに特撮等のことを書き綴っていく日記です。 剣の興味のあるタイトルとないタイトルで扱いが違うのは、剣クォリティということで、ご了承を・・・

2011年08月

その一瞬を・・・ 

ということで、剣日記始まります。

剣「明日も朝からある意味お仕事な剣です」
音「ご苦労様です」
剣「まぁ、明日は家庭のお仕事なんだけどね」
音「何かありましたっけ?」
剣「妹の学校の体育祭に潜入して写真を撮って来いだってさ」
音「おまわりさん、こっちです」
剣「・・・。リアルに動きそうな奴がいるから怖い・・・」

剣「じゃなくて、そう。これは依頼なんだ。母親からの・・・」
音「そうでしたっけ?」
剣「そうなんだよ。元々は、妹から母への依頼だったらしいのよ。”高校3年で今年で最後だから、写真撮っといてね”という謎依頼」
音「・・・」
剣「で、母が午後から仕事が入ったらしく、午後からの演目の写真が撮れないらしい」
音「午前中だけでいいじゃん」
剣「そう、それ。オイラも思った。午前中だけあればいいじゃんと・・・。が、小嬢曰く、午後からの応援合戦が華なんだから撮れと・・・」
音「で、明日の午後の時間が空いてる剣さんが、代行で撮るんですね」
剣「おうよ。まぁ、きっと堂々と高校に入っていけるのもこれで最後だろうから、いっちょ派手にやってやりますか」
音「いや、普通にしないと危ないですよ」
剣「よし、そうと決まれば新しいSDカードを用意しなければな」
音「いやいやいや、あかんでしょう。ってか、母親からそのままカメラ受け取るだけなんで、剣さんは何も用意する必要はないんですよ」
剣「や、いつ何が起こるかわからん。予備を用意しておいて損はないんだよ」
音「・・・」
剣「大丈夫。まじめに依頼をこなすから」
音「信用出来ませんね」
剣「ひどいわ!」
音「・・・」
剣「ダイジョウブ、オイラヲシンジロ。アブナクナイヨ、アブナクナイヨ」
音「うわ~、胡散臭~」

剣「とりあえず、明日以降の日記の更新がなければ、御用されたということで・・・」
音「そんなこと言ったら、本当に剣さんのお友達が動きますよ」
剣「まぁ、オイラもまだまだ人生楽しみたいんで無茶はしないよ」
音「無茶じゃなくてもしないでください」
剣「まじめにやるって・・・。まぁ、外見で、ブシロード系のカードゲームしてる人間だと分かる服装で乗り込むくらいかな。声かけられたら、プレイヤーの輪が広がるじゃん」
音「・・・」
剣「よし、タオルとTシャツ探してこよう」
音「本当にどうなっても知りませんよ」





第2回 剣杯 決定?

ということで、剣日記始まります。

剣「先日行ったヴァンガードの非公式の大会ですが、開催店舗の方をお話をした結果、第2回目の開催が決定しました」
音「なんというか、行動早くないですか?」
剣「悩んでいるなら動け、欲望を開放しろ。といった言葉があるじゃんか」
音「・・・」

剣「で、具体的な日程については・・・、忘れました」
音「?」
剣「メモ帳にメモしたはずなんだ。そして、そのメモ帳を紛失したんだ」
音「ダメじゃん」
剣「まぁ、部屋のどこかにはあるんで簡単に見つかると思うんだけどね」
音「なら、今探せよ」
剣「今週は、お仕事と私事で急がしいんだ。朝も早いしね」
音「そうですか・・・」
剣「記憶では9月の上旬~中旬に一度開いて集客しだいで下旬にもう1回という予定だったはず・・・」

剣「メモ帳が見つかり次第、追って連絡ということで・・・」
音「まぁ、また開催しても剣さんは参加できませんけどね」
剣「だな。まぁ、しゃあないっすわ」

継続は力なり

ということで、剣日記始まります。

剣「という言葉があるけど、継続し続けることが面倒なんだよね」
音「だから、剣さんは、凡人で終わるんです」
剣「凡人でいいじゃないか。力、権力、財力を持ちすぎると色々面倒だから、凡人でいいよ」
音「・・・」

剣「ということで、毎日頑張ることはないと思うので今日は駄日記です」
音「・・・」


第1回 剣杯

ということで、剣日記始まります。

剣「ヴァンガってますか?剣です」
音「ヴァンガもいいけどヴァイスもね」
剣「まぁ、どっちも楽しんでるということで・・・」

剣「さて、今日は普段からお世話になっているθショップ松山店さんでヴァンガードの非公認の大会を開催させていただきました」
音「普段からヴァイス等でお世話になっている所ですね」
剣「ヴァイスに関してはユーザージャッジで開催させてもらえるから、ヴァイスの大会に関しては隔週くらいのペースで開催はできてるんだけどね」
音「まぁ、剣さんは、相変わらずジャッジだから大会に出れてないみたいですけどね」
剣「ヴァンガードに関しては、店舗に任せるしかないのよね。一応、6月くらいに大会登録の申請は送ってるみたいだけど返事が来ないみたい。シングル販売等も始めたみたいだけど、7月の後半あたりから大会が無いから続ける意味が無いということで、引退するプレイヤーもちょこちょこ出てきているとか・・・」
音「剣さん的にはシングルでカードが揃えれるから嬉しかったりもするんじゃないですか?」
剣「でも、結局プレイヤーがいなくなったら衰退していくことに違いはないんだよ」
音「剣さんは、一人でも続けるんでしょうけどね」
剣「いなければ増やせばいい。それだけのことじゃん」
音「逞しいというか、無鉄砲というか・・・」
剣「ということで、ショップさんとお話した結果、非公認で大会を開催して盛り上げようという結論に至りこの度、第1回目の大会を開催が決定したのです」
音「まぁ、剣さんは、大会の運営側に回るから相変わらず参加は出来ないんですけどね」
剣「非公認なんで参加しようと思えば参加出来なくはないけど、オイラが参加して運営がグダグダになったら、次回からの参加を考えるプレイヤーも出てくるだろう。その辺はきっちりすることが大事だと思ってるから」
音「どこまでが本音なんだか・・・」

剣「そしてようやく開催された第1回 剣杯(ヴァンガード) でした」
音「剣さん、いつから剣杯になったんですか?ショップの張り紙には非公認大会としか書いてなかったですよね」
剣「・・・」
音「オイ」
剣「で、第1回 剣杯ですが、以下のレギュレーションで開催させてもらいました」
音「スルーかよ」

上位にはショップ側から景品を提供してもらう都合上、
9/5から適応されるファイターズルール ”ばーくがるをファーストヴァンガードに選べない” を適応する。
大会形式は、参加人数によって決定。
(18人分のスペースがあるので19人を超えた場合はトーナメント。以下の場合は、スイスドローで開催。)
後は、通常の大会と同様。

賞品は、今回の参加人数が未定だったため、以下の提供となりました。
1位に、1,2,3弾を各3パック。
2,3位に1,2,3弾を各1パック。
参加者全員の中からランダムで1名にカートン特典(金銀トリガー)のプレイマットを1枚。

剣「で、告知自体も店頭くらいでしか行ってなかったにもかかわらず、19人の参加がありました」
音「剣さんが開催してるヴァイスの倍以上集まりましたね」
剣「そうね、悔しいような嬉しいような・・・。むしろ、松山に非公認でも集まってくれるヴァンガードファイターがいたことに驚きだったよ」
音「それだけ、大会があるのは環境的にはいいことなんですよ」
剣「一応、参加者の使用デッキの割合は以下のようになってました。(軽く目を通しただけなので正確な値でないかも・・・)」

ユナイテッド・サンクチュアリ
 ロイヤルパラディン 2
 オラクルシンクタンク 2
ドラゴンエンパイア
 かげろう 4
 たちかぜ 1
スターゲート
 ノヴァグラップラー 3
ダークゾーン
 スパイクブラザーズ 3
 ダークイレギュラーズ 1
 ペイルムーン 2
クラン混合
 ノヴァ・ロイヤル混合 1

剣「それなりにバラけた感じになったのかな。やっぱり、昨日今日なのでウォーターフォウルの腕試しという方もちらほら・・・」
音「他にも親子兄弟で参加された方もいましたね」
剣「家族でカードゲームできるってすっごい羨ましいな。剣なんて、家にカードが転がってれば捨てられる環境だったからね」

剣「そんななか、今回優勝したデッキがこちら」

CIMG1909

H.N. 徹子 さん
FV
  どらんがる 1
G0
 世界樹の巫女 エレイン(治) 4 
 まぁるがる(引) 4
 幸運の運び手 エポナ(☆) 4
 アラバスター・オウル(☆) 4
G1
 探求の騎士 ガラハッド 4
 みるびる 3
 ぽーんがる 4
 閃光の盾 イゾルデ 4
G2
 試練の騎士 ガラハッド 4
 沈黙の騎士 ギャラティン 4
 ハイドッグブリーダー アカネ 4
G3
 神速の騎士 ガラハッド 4
 ソウルセイバー・ドラゴン 2

ここからは、個人的な感想
無理のサードボーダー(21000)のラインを作らず、安定感を求めたデッキになっていました。
ヴァンガードサークルの後ろのリアガードには常にみるびるが置かれ、不要な手札を常に入れ替えてファイトされていました。
状況に応じて、アカネでみるびる、ぽーんがるをスペリオルコール。これが終始安定したファイトに繋がったのではないでしょうか。
また、ソウルセイバー・ドラゴンの効果が不要だと思ったら、ぽーんがるから加えたソウルセイバー・ドラゴンを即みるびるの効果の捨てる対象にするなどの判断も素晴らしかったと思います。

剣「とりあえず、初回にしては成功と言ってよい、剣杯になりました。9月には第2回の開催も計画しております。次回の開催は、追って報告するか店頭に張り出していただく予定です」
音「ところで今更なんですが、こうやって他人のデッキを上げることによって剣さんのネタを補充しているように思えるのですが・・・」
剣「許可はもらってるから大丈夫。ネタに困っていたということは否定しない」
音「・・・」

ウォーターフォウル導入型 かげろう

ということで、剣日記始まります。

剣「1日遅れてようやく購入することが出来ました」
音「まぁ、予約してたから別枠のレジで会計なんで並ばずに済みますしね」
剣「なんにせよ、これで新しいスタートがきれるってもんだ」

CIMG1904

剣「ケロケロエースとコミック2巻×3。コミック2巻は先月号の内容まで収録されてるから、今月号と同時購入で続きが読める素敵仕様」
音「キャラクター等の根底は同じでも、アニメとは全く違った展開になってますからね。続きが気になりますね」

剣「そして、早速2巻の特典カード、ドラゴニック・ウォーターフォウルを導入したかげろうデッキに変更してみました」

CIMG1905

剣「以前書いたように、今まではVの後列をエルモにして手札調整を行いやすい状態を維持してましたが、ウォーターフォウルの登場によって、今までの考えをきっぱり変えなければならないと判断しました」
音「今までは、Vで求めてたラインがセカンドボーダー(16000)でしたけど、今回からはその上のサードボーダー(21000)が用意に狙えるようになりましたからね」
剣「その上エルモの調整カードに、G3を使ってたけどそれもウォーターフォウルのコストとして利用できるようになったからね。というわけで、エルモを使わない新しい形にしてみよう」
音「まぁ、既にエルモを使わないかげろうデッキも多々あるんですけどね」
剣「古い型にこだわり過ぎたダメな大人と思ってくれ」
音「ヴァイスでもそうでしたね。一定のプレイスタイルしか見ていなく、時代の変化に取り残されてますもんね」
剣「・・・」

剣「で、結局何をどう変化したかというと、G3のブロケードだった部分をそのままウォーターフォウルに変更。効果的には3、4枚採用してもよかったけど、パワー11000のVがいる安心感から2枚止まりになりました」
音「まぁ、V以外の時は効果が何もありませんからね」
剣「まぁ、主な使い方としては、ブロケードと同じファイナルターン時のアタッカーとして利用する方針でいいんじゃないかな」
音「それ以外にもオーバーロードをRに置くこと前提のプレイングで常にサードボーダーのアタックで手札を使わせ、Rでオーバーロードの効果で押し切るのもありですね」
剣「個人的なVの優先順位としては、オーバーロード、ウォーターフォウル、エクスキューショナーの順かな」
音「優先度は低いわりに、エクスキューショナーは入れてるんですね」
剣「11000のVが立つことが多くなった環境でも、10000のVが出てくる可能性が0じゃないわけだし。そうなった場合に安定してサードボーダーに到達できるユニットがデッキに入ってると入ってないじゃいろいろ変わってくるでしょ」
音「その肝心な場面で、手札、場にあるかは別の話ですね」

剣「そして、せっかくプロモもあるからということで、アーマードナイトも採用」
音「まぁ、10000のアタッカー。効果を利用すればサードボーダーの到達の可能ですからね」
剣「G1には、除去用に入れてたキンナラを完全に外して、ゴジョウとアイアンテイルを採用。7000ブーストがあれば、オーバーロードとあわせることで、18000のラインを作れることかな。やっぱり、トムやアモン、エスペシャルインターセプト関係を相手にするうえでは超えておきたいラインだからね」
音「なんというか、力押しできましたね」
剣「ゴリゴリ大好き。力押し」
音「・・・」

剣「とりあえず、現状はこんな感じです。もうしばらく、回してみてウォーターフォウルの増加に問題が無いようなら、バリィを3枚にしてウォーターフォウルを3枚に変更するくらいかな」
音「オーバーロードが4枚なのは変わらないんですね」
剣「うん。オーバーロード外せない病にかかってしまったみたい」
音「エルモ依存症は治ったものの、こちらはしばらく治りそうにない剣さんでした」
記事検索
応援中
fortissimo EXS//Akkord:nächsten Phase(フォルテシモエグゼス アコルトネクステンファーゼ) - 今度のフォルテシモは√3倍 そしてH+!
fortissimo EXS//Akkord:nächsten Phase(フォルテシモエグゼス アコルトネクステンファーゼ) - 今度のフォルテシモは√3倍 そしてH+!
A.G.II.D.C. ~あるぴじ学園2.0 サーカス史上最大の危機!?~
A.G.II.D.C. ~あるぴじ学園2.0 サーカス史上最大の危機!?~
D.C.Dream X'mas ~ダ・カーポ~ドリームクリスマス
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ