剣日記

メインにヴァイスシュヴァルツとヴァンガード、サブに特撮等のことを書き綴っていく日記です。 剣の興味のあるタイトルとないタイトルで扱いが違うのは、剣クォリティということで、ご了承を・・・

2009年01月

あ、あれ? by剣  何ですかこれは? by音華

ということで、剣日記始まります。

剣「今日は超特急で終わらせます」
音「理由は?」
剣「明日のため、作業を一晩で終わらせるから」
音「はぁ、そうですか」

剣「D.C.カップ、5戦5敗。CXの少なさにオイラが泣いた。どれも、L3中盤での敗北、ラスト一押しのキャンセルがなかった」
音「・・・」
剣「スタンダード、4戦2勝2敗。急遽、作ってみた杉並回復デッキ。えぇ、次は回復デッキオンリー時間無制限2本先取大会とかどうっすか?一晩かけて、やってみないか・・・」
音「95%反対意見が出るでしょうね」
剣「杉並来なかったら、厳しいね。はい終わり」

音「予定していたデッキ紹介は?」
剣「明日、時間があればね」
音「・・・」
剣「以上、終了」
剣・音「また明日~」

続きを読む

そして、伝説へ・・・ by剣  

ということで、剣日記始まります。

剣「きたぜぇ、週末が」
音「今週は、どうなんですか?」
剣「忙しいよ。しごとで」
音「仕事?私事?どっち?」
剣「私事」
音「はぁ。紛らわしい」
剣「がんばってるオイラにそんなこと言うか?」
音「連日がんばってるのはしってますけど・・・」
剣「ん~。誉めて誉めて」
音「・・・」

剣「はい。G’s買ってきました。珍しく何も載ってませんね。オイラの予想は大外れ」
音「謝罪、謝罪」
剣「でもねでもね。いろいろ見つけたよ」
音「何を」
剣「D.C.追加情報」
音「はぁ」
剣「とりあえず、?T.Y.の情報から」
音「例の泣きゲーにするといったD.C.ですね」
剣「終わった」
音「何が?」
剣「オイラの涙。枯れ果てるわ」
音「?」
剣「ラインナップがね最強すぎる」
音「えっと、故障したμの行き場がないため同棲生活」
剣「普通のμなら良かったよ。故障したμって言うのがネックだよね」
音「なるほどね~。ラストは、・・・なってしまうんですね」
剣「絶対そうだって。ヤバ過ぎる」
音「で、次が、雪月花誕生秘話」
剣「これは、これで、どう泣かしにくるのか楽しみですわ」
音「P.S.やP.C.でそこらに触れる話がわずかにあったから、そこらを補充しつつ楽しみましょう」
剣「でも、それ以上に、小恋がツインテールだよ。ちょっと短いかな。もう少し長いほうが好みたけど、一番は、何も結んでない素の状態。肩にかかる位の長さがGood!」
音「剣さんが壊れてる。次々」
剣「次、ヤバいって。これも、マジで・・・」
音「えっと、まひるに降る雨」
剣「もうやめて、この時点でオイラ涙目」
音「ちょ・・・。でも、まぁ、ね。まひるの学生現役の話ですよね」
剣「いや、だってさ、P.S.やP.C.で結末分かってんじゃん」
音「ですよね・・・。」
剣「もうやめて、本当にお願い。これやって、まひる本編やったら、あ~、ダメだって、ヴァイスで例えると、こっちのレベルが、(中略)ってなくらいヤバいです」
音「・・・。肝心なところが抜けてる」
剣「で、ラストがこれ紫陽花っと」
音「ここは、自分で言うんですね。紫陽花ということはまゆき?」
剣「お前はバカか。何年オイラと一緒にいると思ってんだ。出直して来い」
音「もぅ。分かってますよ。エクストラのまゆきとかけてみただけですって」
剣「ったくもう。で、どんな話かと言うと・・・、クスン、クスン
音「この人、あらすじ読んだだけで泣いてる~!!!」
剣「ヒック、エグ、エグ」
音「あ~、使い物になりませんね。これじゃあ。簡単に言うと。本編の10年前の話ですよね。剣さん?」
剣「ぞ、う、ねシクシクシク
音「ダメだこりゃ。で、義之が朝倉家に来たころの話で、幸せな日々に悲しい別れがあるらしいです。はい、剣さん、ティッシュ」
剣(チ~~ン)
音「スッキリしました?」
剣「もう大丈夫。で、これが噂の由姫さんが登場する話なわけですね」
音「これも、ゲームから結論は出てるんですが、どうなんでしょうか?」
剣「ダビダビョ~。ゴンダ、バナジヅグッヂャ~。ボウ、ビャビャジズギルッベ~」
音「え~っと、ダメだよ。こんな話作っちゃ~。もう、悲しすぎるって~。とのことです。はい、ティッシュ」
剣(チ~~~~~ン。ズルズル)
剣「はぁ。これは明らかに反則です。ひと夏の涙をここで使い果たすでしょう」
音「・・・」

剣「っと、?終わったね」
音「??」
剣「さぁ、油断せずに行こう」
音「・・・」

剣「次は、D.C.純一の結婚前夜もとい、D.C.I.F.(イノセントフィナーレ)」
音「剣さん?白河の女には興味ないのでは?」
剣「失礼な。一応、D.C.はことりから入ったの。別のストーリやっていくうちに、ことり以上の魅力を見たの」
音「あ~、そうですか~」
剣「で、中古にしちゃったことりですが、当然ゲームは買います」
音「これ、PCに移植
剣「ワーワーワー」
剣「やっぱりというか、通常版以外も出るんですね」
音「お決まりですね」
剣「で、今回のこれが、ことりレジェンドパック」
音「そして、伝説へ・・・。タイトル繋がった」
剣「レジェンドですよ。伝説ですよ。キン肉マンで言うところの初代キン肉マン、ロビンマスクなどの伝説です。プロヴィデンスじゃなく、レジェンド。ん~、Destiny」

音「とりあえず、いろいろ語ってますが満足しましたか?」
剣「あぁ、満足だ。ヴァイスがないなら、これで満足するしかねぇ。だったら語って満足しようじゃねぇか」
音「なら、もう一つ満足させてやりましょう」
剣「おっ」

音「週末の予定は?」
剣「明日は、まほう屋日本橋店でD.C.カップ。使用デッキは音姫単」
音「CXは?」
剣「発送中止期間のため、ポーカー2枚」
音「代わりは?」
剣「ないって言っただろ。あるもので満足する。覚悟がなければ単デッキは使うなって言ったじゃん」
音「でも、上位賞にプロモパックがあるらしいじゃないですか」
剣「そんなものはどうでもいいよ。まずは音姫。以上。パック?そんなもの音姫の前ではいらないもの同然ですよ」
音「でも、貰えたら?」
剣「ラッキー」
音「・・・」
剣「とにかく、明日は音姫単。ネオスタンダードも音姫単。ん~。エクスタスィ~」
音「・・・」

剣「ということなので、もう休むね」
剣・音「また明日~」
続きを読む

ちょっと歓喜 by剣

ということで、剣日記始まります。

剣「しゃー。今日はちょっと早い」
音「ったく。何でそんなにハイテンション?」
剣「フッフッフ~。早く帰宅できたからに決まってんだろ」
音「ルールブレイカー(仮病)やっちゃいましたか?」
剣「それはないわ」

剣「単に、進捗の遅れを取り戻して、若干余裕ができたとかできてないとか」
音「?」
剣「オイラにもよく分からんが、今までよりは楽になるってことだ」

剣「ということで、もしかすると来週火曜日にフリバ会を実行するかもしれません」
音「確定ではないと」
剣「とりあえず、土曜日に発案者と打ち合わせののち発表と」
音「まぁ、何の変哲もないフリバをするだけの時間ですけどね」
剣「本来なら、そこに収録とか色々やりたいけど、第一回はそこじゃない」
音「あ~、何かたくらんでますね」
剣「もちろんさ~」

剣「はい、久々に時間はありますが、睡眠時間の補充を兼ねて今日も短めでお願いします」
音「だが断る」
剣「オイラは、断ることを断る」
音「・・・」
剣「・・・」
剣・音「また明日~」
続きを読む

とりあえず、まず半分 by剣  

ということで、剣日記始まります。

剣「あ~、しんどい」
音「いつものことですね」
剣「ど~しようもないんだよね」
音「ルールブレイカーです。そんな時こそ」
剣「まてまて、チートはいかんよ。現実では」
音「すでに、いろいろな手を尽くしてるじゃないですか。この前だって・・・」
剣「たまたまだよ。ちょっと仮病使っただけだし・・・」
音「あ~あ、書いちゃった。知~らない」

剣「はい、1週間の折り返し?の水曜日が終わりました。あと2日?3日がんばれば休日ですね」
音「今週末は、まほう屋のD.C.カップですよね」
剣「うぇい。ただ、CXが間に合わなかったから、6枚で出てくる」
音「8枚にすればいいのに」
剣「それは、無理な質問だね」
音「どこまで、本気なんでしょう?」
剣「すべて、これが覚悟ってやつだ」
音「・・・」

剣「さてと、大会レギュに新しい形式が増えましたね。といいながら使うのはD.C.しかないんですけどね。えっと、P4ブースターが夏なのでそれまではP3と混合、CLANNADも上が一緒なためリトバスと一緒」
音「2008年度初期タイトルはうまくカバーしましたね」
剣「中期タイトル以降は?」
音「ゼロ魔とかあのあたりですね」
剣「ディスガイア、なのはは新CX入ってるからいいけど、ゼロ魔がね」
音「きっと、誰か使いますって」
剣「オイラは使わんよ。っていうか、音姫デッキ使うし」
音「タイトル単以上の難易度ですね」
剣「楽しいからいいんだよ」

剣「とりあえず、書きたいことも書いたし、寝るわ」
音「ファンサービスは?」
剣「今日、勤務中に眠って上司に説教されたから、へまできんのよ」
音「あらららら~」
剣「ってなわけで」
剣・音「また明日~」

続きを読む

やっちゃう? やっちゃおうか by剣  何を! by音華

ということで、剣日記始まります。

剣「大変しんどいです。でも、後3日で休日の可能性です」
音「可能性といってるあたりで悲壮感漂ってます」
剣「がんばれ。オイラ」

剣「さてと、最近はカードに触ってないのにデッキ案がいろいろできています」
音「それは大変よいことです」
剣「しかしながら、黄色のデッキが少ないのも事実」
音「音姫カラーなのにね」
剣「なので、黄色基盤デッキを作っていきたい」
音「で、現状浮かんでるのは?」
剣「ん~、P4の主人公デッキ」
音「主人公デッキは既に作ってる人がいるじゃないですか」
剣「大丈夫。L3主人公しかないから。あとは、音姫でどうにか・・」
音「できません」
剣「できるよ」
音「できない」
剣「あ、枚数が足りないね」
音「いやいやいや、あまってるでしょ」
剣「いや~、主人公は3枚しかなかったと思う」
音「・・・」
剣「はい、主人公デッキ終了」
音「・・・」

剣「ん~、なに作ればいいんだろうね」
音「知りません」
剣「ちょっと考えると言い訳して終わります」
音「終わるんかい」
剣・音「また明日~」
続きを読む
記事検索
応援中
fortissimo EXS//Akkord:nächsten Phase(フォルテシモエグゼス アコルトネクステンファーゼ) - 今度のフォルテシモは√3倍 そしてH+!
fortissimo EXS//Akkord:nächsten Phase(フォルテシモエグゼス アコルトネクステンファーゼ) - 今度のフォルテシモは√3倍 そしてH+!
A.G.II.D.C. ~あるぴじ学園2.0 サーカス史上最大の危機!?~
A.G.II.D.C. ~あるぴじ学園2.0 サーカス史上最大の危機!?~
D.C.Dream X'mas ~ダ・カーポ~ドリームクリスマス
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ