剣日記

メインにヴァイスシュヴァルツとヴァンガード、サブに特撮等のことを書き綴っていく日記です。 剣の興味のあるタイトルとないタイトルで扱いが違うのは、剣クォリティということで、ご了承を・・・

2008年06月

ギリギリはないっすわ

とうことで、剣日記始まります。

剣「今日はさ、会議が19時からあって、ようやく帰れたよ」
音「おつかれさまです」
剣「ほんとなら、日本橋で雑誌購入予定だったのに・・・」
音「夕方にいきなり言われたら対処のしようがないですからね」
剣「明日は、意地でも閉店時間でない限り行ってやる」

剣「ようやく、7月の大会日程が発表されました」
音「ギリギリですもんね」
剣「もう少し早めの発表をしてほしいです」
音「今日の会議と同じ~」
剣「さて、今月は、プロモもD.C.でなくなり参加する回数はとことん減るかな~と思ってたら、昨日の情熱の復帰で今は、大会に出たい一方です」
音「で、7月の予定は?」
剣「とりあえず、もくもくは社会人に優しい時間だからスタンダードは全部参加」
音「ふむふむ」
剣「で、大阪の大会は~、って少なっ。っていうか、平日多っ」
音「きっと、夏休みを考慮しての時間帯なんでしょうね」
剣「社会人に夏休みなんてないよ」
音「ドンマイです」
剣「でも、京都で土曜日19時からあるから、毎回参加かな」
音「京都、電車で1時間ですね」
剣「それでも、参加する価値はあると思うよ」
音「へ~」
剣「まずは、今週末の土曜日、5日。ガチで組んだ嫁デッキの初陣です」
音「ここから、伝説を作るんですね」
剣「伝説かどうかは分からんが・・・」
音「っていうか、土曜日は、毎週、大学に遊びにいくとか入ってませんでしたっけ?」
剣「あ~、言ってたね」
音「どうするんですか?」
剣「19時だから、程よい時間で切り上げる」
音「それができないのが剣さんですもんね」
剣「うっ」
剣「それでも、きっとなんとかなるさ」

剣「にしても、今は、ヴァイスをやりたくて仕方がないって感じです」
音「1~2週間前と比べてえらい違いですね」
剣「このテンションを今週末まで維持してやるさ」
剣「こんな感じで、ヴァイスに関してはテンションの高いスタートとなりました」
音「このテンションどこまで持つのやら」
剣・音「乞うご期待」


剣の反省会
7月の大会ようやく発表されましたね。
もくもくに関しては、店長から聞いてたから、問題なかったけどやっぱり予定を考えると、早く知らせて欲しいです。
7月は、新規タイトルの発表です。
アレらしいですよアレ。
っと、適当に言ってみる。
んじゃ、今日はここまで、また明日~。

兄貴の壁

ということで、剣日記始まります。

剣「とりあえず、始まったね」
音「ですね」
剣「今日は、昨日の予定のテストプレイを実行しましたよ」
剣「ようやく、一つのデッキが完成を向かえたのかな」
音「ほう」

剣「当初は、クロック操作も含んだデッキを目指してたわけですが、さすがは兄貴。そんなややこしいことまで計算できないみたいです」
音「・・・」
剣「とにかく、わかりやすく、フロントで特攻、特攻、特攻ってな感じがお気に入りだとか」
音「あ~、「かけがえのない仲間よりも見事なカウンターの方がわかりやすいから、見事なカウンター4積にしましょう」とか」
剣「他にも、杉並ストックも予定に入れてたけど、「カウンターって、めんどくさいですよね」ってな感じで、却下されたり」
音「でも、なんだかんだで完成させたんですね」
剣「そりゃ、デッキマスターとしての威厳があるからね」
剣「一応、お遊びデッキで敵うレベルの代物でなくなったのは確かです」

音「で、困った剣さんがとった行動が」
剣「嫁デッキの復活」
音「今までの、詰め込め嫁デッキでなく、勝つために組み上げる嫁デッキなんですね」
剣「まだまだ、試作段階ではありますが、一応、兄貴デッキに抵抗くらいはできるデッキになってます」
音「そろそろ本気で動かないと、時間がないですからね」
剣「来週辺りは、大会に参加して実力テストですかね」
音「うわっ。今までにないくらいに燃えている」
剣「この気持ちをもう少し早く出していたらなぁ」
音「とにかく、やる気が出るのが一番です」

剣「やる気に関してだが、Bankett!もまた再開しようかなっと」
音「例のなのはカードゲームですね」
剣「2.5弾も出たし、デッキ構築に幅が増えそうです」

剣「でも、明日からまた仕事」
音「テンション下がり気味ですね」
剣「そりゃね。一応、頑張るけどさ」
音「じゃぁ、もう、眠らないと、仕事に影響でますよ」
剣「OK。そしたら、眠るか」
剣・音「また明日~」


剣の反省会
やっぱり、自分で使うデッキよりも、
他人用デッキの開発って楽しいですよね。
今まで、いろいろな人と戦ってきましたが、
自分の作り上げたデッキが立ちはだかることが、
デッキマスターとしては、最高に燃えてきます。
おかげで、嫁デッキへの愛も取り戻せたし。
いずれにせよ、ヴァイスへの情熱を再び取り戻すいいきっかけとなりました。
お疲れ~。

クド~デッキなの

ということで、剣日記始まります。

剣「えっと、んじゃクド~デッキ挙げます」


レベル0
”普通の少年”理樹 ×4
学生服の工藤    ×4
工藤 叶      ×3
レベル1
”マスコット”クド ×4
学園のアイドル ことり ×3
”女王猫”佐々美  ×4
転入生 ×4
レベル2
音夢のお弁当 ×4
”最強の男児”謙吾 ×4
クライマックス
そよ風のハミング ×4
優等生のフリをした偽善者 ×4


レベル0
”ミステリックブルー”美魚 ×4
八木ブリッジ長官 ×4


音「って、どこがクド~じゃ~い」
剣「それは思うね。まあ、作るとき、リトバスがトライアル用デッキしか手元になかったからさ」
音「で、回るんですか?」
剣「正直微妙だった」
剣「結論としましては、殴って、ストック貯めて謙吾で押す。謙吾デッキって感じですね」
音「キーカードは?」
剣「転入生」
音「ほう」
剣「これを使って、制限を越えて工藤叶をだすなり、マスクドを出すなりするんです」
音「ストックの完全把握が必須です」
剣「で、アンコ用キャラが8枚はいってることで、キャラを完全防御」
音「8枚って、オイオイ」
剣「さらに、前衛は、弁当で、後衛は謙吾で完全対応。アラームことりで、パワーを上げる」
音「理論上では、それなりというわけですね」
剣「今まで、回収と嫁に力を注いだ男の、それらを全て捨てた末路デッキです」
剣「このデッキ製作時間はおよそ30分。適当に工藤を積めたよ。それだけ」
音「適当なデッキほど回るんですよね」
剣「悔しいことにね」

音「さてさて、明日は、どうします?」
剣「明日は、デッキを作ってテストプレイかな」
音「大会は諦めるんですね」
剣「プロモはどうにかなるし・・」
音「むしろ、嫁デッキの完成を急がないと・・・」
剣「それも大事だね」
剣「ただし、明日のテストプレイは、私のデッキ用ではなかったり・・・」
音「は?」
剣「今日は、久々に鬼龍の兄貴に私のデッキを使ってもらいました」
音「鬼龍の兄貴とは?」
剣「後輩の1人。なにやら毎日、このブログ、チェックされてるらしいよ」
音「な、なんと・・」
剣「で、何がすごいって、あの兄貴らしさ。どんなキャラでも、「俺のために死んでこい。」ってな感じで、特攻させるんだもの」
音「嫁デッキでそんなことされたらたまりませんね」
剣「で、そんな彼のために専用デッキを製作中です」
音「自分用ではなくて?」
剣「正直、彼の使い方は、私とは違うんでね。過去のカードゲームに関しても、独特のプレイスタイルでいいデータをとらせてもらってますから」
音「おかげで、いろいろな案が浮かんでますからね」
剣「よっしゃ、いろいろ頑張るぞ」
剣「では、また明日」


剣の反省会
クド~デッキ作れば、微妙な謙吾デッキになりました。
まだまだ、改良の点はあります。
そのうち、完成したら、挙げますね。
にしても、自宅にいるとデッキを作る気力が減っているのはなぜだろう。
明日は、部屋から出てデッキ作りに挑戦してみるかな。

すずめの大粒の涙

ということで、剣日記始まります。

剣「いや~、ようやく終わった。」
音「お疲れですね」
剣「もう、なんていうか、社会人から離れた生活しちゃった」
音「聞きたくないけど、語りたいならどうぞ」

剣「アイシアルートを昨晩終わらせたわけよ」
音「はい」
剣「で、セカンドシーズンが見たくなってね。もちろん、初代の」
音「で、ほとんど寝ないまま仕事ですか?」
剣「正解」
音「バカですね。限りなくバカです」
剣「で、眠いまま仕事に行くけど、目が覚めるイベントがねあったんだよ」
音「?」
剣「学生になくて、社会人にあるもの。」
音「余計に分からない・・・」
剣「業績給、別名ボーナスって奴ですよ」
音「あぁっ」
剣「といっても、仕事を始めて3ヶ月近くしかもほとんどが研修なわけで働いていない状況で期待してなかったわけですよ」
音「すずめの涙程度といわれてましたからね」
剣「で、いざ、もらってみると・・・・」
剣「何がすずめの涙じゃい。想像以上だよ。涙じゃねぇ。上位クラスの大粒の涙じゃん」
音「これで、リトバスが、」
剣「買わない」
音「日ごろお世話になってる人たちを飲み会に招待」
剣「しない」
音「またまた、ご冗談を・・・」
剣「大粒言っても、やっぱり、一般的な数から見るとすずめ程度ですから・・・」

剣「でも、やっぱり嬉しいことには変わりなくて、眠気が消えてしっかりと働くことができました」
音「途中で、ヤバイ場面もあったみたいですが?」
剣「それは、どうかな~」
音「まぁ、迷惑のかからない程度に頑張りましょう」

剣「で、今週末のヴァイスどうしようかな」
音「かき氷は、今週で最後ですもんね」
剣「明日は、起きたくなるまでグダグダ過ごす予定なので、大会には不参加」
音「日曜日は?」
剣「場合によっては、スタンダードに参加。気分次第で、自宅待機」
音「要は、未定ってことですね」
剣「明日は、昨日のクド~デッキを作って、晒すよ」
音「一応、一般向けデッキにしましょうね」
剣「それは、分からん」
音「・・・」

剣「今日は、D.C.A.Fも購入してインストール完了したから、今からやるのか?」
音「質問で返されても・・・」
剣「そんな感じで、今日は終了です」
剣・音「また明日~」


剣の反省会
ボーナスです。
といっても、ごく少量のため買い物するには及びません。
ということで、貯蓄予定です。
予定ね。
アイシアよかった。
というか、やっぱり義之がかっこいい。
ヴァイスで、アイシア欲しいな。
エリカも欲しいな。
まひるも欲しいな。
全18種でなく、もっと出してくれればいいのに。
そうしてしまうと、バランスがおかしくなるのか。
明日は、ヴァイスデッキをゆっくり考察していくんで。
というか、この日記のカテゴリって、ヴァイスなのか?
ヴァイスが、一文字でも入れば、ヴァイスでいいか。
あと、フルフルの金冠が一向に出てこない。
そろそろ、一人で行くのがダルくなってきた。
うん。なんか、反省会じゃなく独り言だねこりゃ。
まぁ、いいか。
お疲れ~。

いよいよ明日ですね

ということで、剣日記始まります。

剣「明日ですね」
音「そうですね」
剣「まだ、ゲームが終わってないよ」
音「へ?リトバスのことじゃ・・・」
剣「何度も言うように、リトバスはまだ、買わないよ」
音「まだ・・・ね」
剣「これから、またいろんなデッキが出てくるんだろうな」
音「買う気になりましたか?」
剣「全然。買うのは、D.C.AFだけだし」
音「う~ん」
剣「ほら、夏の水着パックに向けて温存しておかないと」
音「今度はいくつ買うつもりで?」
剣「特典次第。カートンでつくなら買ってあげますとも」
音「だから、カード破産剣君なんですよ」
剣「それを言うな」

剣「それにしても、ヴァイスも本格的に3タイトル出揃ったな」
音「D.C.しか興味ないくせに」
剣「いいんだよ。いろんなデッキと戦えるし、それに、対戦で嫁が出せたら嬉しいじゃん」
音「勝ち負けでなく、ガチで50枚嫁カードで埋め尽くそうとしてますもんね」
剣「めくってもめくっても嫁がいるっていいもんですよ」
音「でも、最近は、まじめに戦うデッキも考えてるとか」
剣「こらっ。まだ、情報を流したらダメだよ」
音「どうせ、誰も期待してないですよ」
剣「そんなことない。デッキレシピで検索して来てる人もいるんだし・・・」
音「勝てるデッキは非公開の癖に」
剣「まぁ、本格的に動くのは今からさ。夏の大会にはD.C.単で、いや、音姫デッキ(新嫁デッキ)で勝つもん」
音「なんか、いつもそんな感じでまとめて作らないんですよね」
剣「いいよ。近々、クド~デッキ作るから」
音「クド~デッキ?」
剣「工藤叶とクドでクド~」
音「面白くないから」
剣「パック発売以降の剣初のスタンダードデッキになるのかな」
音「まだ、スタンダード作ってなかったんですか?」
剣「そもそも、D.C.しか買ってないし、イベントで買ったP3,10パックはどこかへ消えたし」
音「・・・」
剣「じゃ、近いうちにクド~デッキ公開します。もちろんD.C.パックとトライアルリトバスからなんですがね」

剣・音「じゃ、また明日」


剣の反省会
やっぱり、リトバスは買う気がおきません。
というか、PSきついな。
なかなか終わらない。
今日は、アイシアを出すまでは眠らない覚悟です。
おつかれ~。
記事検索
応援中
fortissimo EXS//Akkord:nächsten Phase(フォルテシモエグゼス アコルトネクステンファーゼ) - 今度のフォルテシモは√3倍 そしてH+!
fortissimo EXS//Akkord:nächsten Phase(フォルテシモエグゼス アコルトネクステンファーゼ) - 今度のフォルテシモは√3倍 そしてH+!
A.G.II.D.C. ~あるぴじ学園2.0 サーカス史上最大の危機!?~
A.G.II.D.C. ~あるぴじ学園2.0 サーカス史上最大の危機!?~
D.C.Dream X'mas ~ダ・カーポ~ドリームクリスマス
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ